スポンサードリンク


胃がんは日本人に多い!

日本人のがんの中で、男女ともに【胃がん】は多く発生しています。

2003年の日本における胃がんの死者数は、男性32,142人、女性17,393人で、男性では肺がんに次いで第2位、女性では大腸がんに次いで第2位でした。

かつては日本では男女とも胃癌が第1位でしたが、死者数は年々減少傾向にあります。

40歳を超えると、急に胃がんになる確率が高くなります。
posted by 胃癌検診はお早めに! at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がん

胃がんとは

胃炎などの炎症により、胃粘膜が腸上皮化生という粘膜に
置き換わり、その粘膜ががん化しやすくなります。

塩分の多い食事、たばこ、ピロリ菌など、さまざまな原因で
胃の細胞の遺伝子にたくさんの傷がついてがんが発生します。

胃がんは胃の中間の胃体部と十二指腸の入り口に近い
幽門前庭部にできやすく、特に若い人の場合胃体部に多く
見られる傾向があります。

posted by 胃癌検診はお早めに! at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんとは

胃がんの症状

じつは【胃がん】は、初期のうちにはほとんど自覚症状がありません。

ある程度がんが進行してからでないと、はっきりとした自覚症状はでてこないことが多いのです。

しかし、胃がんが進行してくると次のような症状が出てきます。

■最初のうちの症状。。。

むかっ(怒り)上腹部の不快感、膨満感
むかっ(怒り)食欲がなくなる
むかっ(怒り)食べ物がつかえる感じがする
むかっ(怒り)ゲップや胸やけがよくでるようになる
むかっ(怒り)胃がチクチク痛む
むかっ(怒り)みぞおちの痛み

このような症状は胃がんだけの症状ではありません。
胃炎や胃潰瘍と似た症状とも言えます。
しかし、上記の症状が現れたら、自分で判断せず、
早急に病院で検査を受けることが大事です。


続いて、さらに進行すると・・・

■腫瘍からの出血に伴う症状の出現。

むかっ(怒り)便が黒い
むかっ(怒り)軟らかい便が多くなる


さらに胃癌からの出血がつづくと・・・

■貧血に伴う症状の出現

むかっ(怒り)運動時の息切れ
むかっ(怒り)いつも疲労感がある
むかっ(怒り)吐血
むかっ(怒り)下血
むかっ(怒り)体重が減少する

さらに進行すると・・・

■腫瘍の拡大に伴う症状

むかっ(怒り)手で触るとしこりを感じる
むかっ(怒り)食物の通過障害
むかっ(怒り)閉塞症状が現れることがある。


恐ろしいことですが、胃がんのためにこうした症状が
あらわれてから発見された場合には、手術をしても
20%くらいしか助からないと言われています。

ですから、症状があればもちろんのこと、症状がなくても
定期的に検査を受けて早期がんのうちに発見することが、
胃がんから助かるための最善の方法です!
posted by 胃癌検診はお早めに! at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんの症状

胃がんになりやすいタイプの人

どのようなタイプの方が胃ガンにかかりやすいのでしょうか?

データによると、次のような条件に当てはまる人は
特に気をつけなければなりません。

むかっ(怒り)40歳以上の方
むかっ(怒り)高塩分の食事が多い方
むかっ(怒り)野菜や果物の摂取が少ない方
むかっ(怒り)ピロリ菌に感染している方
むかっ(怒り)家族に胃がんにかかった方がいる


定期的な検診と、食事などで胃がん予防を心がけましょう。
posted by 胃癌検診はお早めに! at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がん

病院の何科にかかればいいの?

胃がん】のことなら、

消化器内科、消化器科または胃腸科の医師が
専門的な診療にあたっています。
posted by 胃癌検診はお早めに! at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんの検査 検診

胃がんの進行度の判定

誰でもできるだけ早期に、胃がんの進行が進まないうちに
発見してほしいと思いますね。

【早期】と【進行性】の胃がんはどのように分けて診断される
のでしょうか?

胃がんは最初、胃の粘膜から発生します。

そして時間の経過と共に胃の粘膜から胃壁の奥にどんどん浸透
してゆきます。この浸透の度合いで【早期】か【進行性】かに分けて
診断されます。

表面の粘膜下層までの間しか浸透していなければ【早期】、
粘膜下層よりも内部に浸透してしまっているものを【進行性】と
基本的に診断します。

【進行性】の胃がんであることがわかればショックを感じるかも
しれませんが、手術で切除すれば、治る人もたくさんいますので、
強い気持ちをもってすぐに医師の指示に従った治療をなさって
ください。

posted by 胃癌検診はお早めに! at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんの検査 検診

胃がんの検査方法

健康な人ががん検診を受けるには、役所で毎年定期的に
行っている胃がん集団検診に申し込まれることをオススメします!

早期に発見される可能性が高まるレントゲン検査を毎年受診する
ことは小さなうちに発見するのに有効です。

それ以外にも個人的に人間ドックやがん検診センターなどでも
胃がんの検査を受けることができます。

集団定期検診は、簡単に多くの人が利用できます。

それを受けて要精密検査といわれた人は、専門機関で
精密検査を受けることになります。

精密検査では、”エックス線テレビ検査”と”内視鏡検査”
が受けられます。

内視鏡はレントゲン検査に比べ、組織検査ができるのが
大きな利点です。
胃がんかどうかは組織検査で診断されます。


現在、一番受けやすい集団検診で発見された胃がんの
約80%が完全に治っています!
 
ですから、定期的に専門の医療機関で精密なエックス線検査や
内視鏡検査を受けるようにしましょう。
posted by 胃癌検診はお早めに! at 22:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 胃がんの検査 検診

胃がんの手術方法

手術方法は以前は、胃と2群リンパ節までを切除する
手術が一般的でしたが、最近では早期のうちに小さな
がんで見つけることができれば、開腹しないで、内視鏡で
のぞきながら、悪いところを取り除くこともできるように
なりました。

この場合、1週間ほどの入院で社会復帰ができますから、
いろいろ負担が少なくて済みます。

特に、高齢者や他の病気にもかかっている人には、
適したものといえます。

しかし、すべての早期がんに対してこの方法ができるわけ
ではなく、発生している場所や大きさ、タイプにもよります。

手術の方針は、腫瘍の大きさ・部位・拡がり、病期、全身状態、
あるいは患者の希望など様々な要素が考慮されて決定されます。
posted by 胃癌検診はお早めに! at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がんの治療 手術

予防法 心がけること

胃ガンにならないために普段の生活で何を心がけておくと
よいでしょうか?

なるべく胃がんにならないようにするためには、食事を
気にかけることが大切です!

30代から塩分の少ない食事を心掛けることが、胃がんに
ならないためのもっとも重要な予防法といわれています。

さらに、ビタミンCやカロチノイド類を多く含む生野菜や
果物を多く食べることや、大豆製品なども胃がん予防に有効と
考えられています。



posted by 胃癌検診はお早めに! at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胃がん